バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

バターコーヒーダイエットの際のオススメ食材

バターコーヒーダイエットを提唱したデイヴ・アスプリーさんの著書「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」にはバターコーヒーダイエットの際に摂るとよい”完全無欠ダイエット”のための食材紹介してあります。

 

しかし日本ではなかなか手に入らない食材もあります。ですので日本で手に入りやすい食材ではどの食材が適しているか紹介させていただきたいと思います。

 

1.バターコーヒーダイエットの際に摂取したい食材

①緑黄色野菜と海藻

f:id:youichirou1129-1:20180113103805j:plain

キャベツ、レタス、ほうれん草、アスパラガスなど緑色の野菜は栄養素も高くなんでも食べた方がいいです。またミネラルや食物繊維を多く含んだ海藻はデトックス効果を期待できます。外食をする際にも海藻サラダを注文するのがオススメです。

②卵

f:id:youichirou1129-1:20180113104211j:plain

高タンパク質の卵は、美肌や艶のある髪を作るという点でも、脳の機能を上昇させる点でも役立つ食材です。調理法としては生が一番よく、加熱する際にはできるだけ軽く済ませる方がよいです。

③さつまいも

f:id:youichirou1129-1:20180113104503j:plain

さつまいもは低毒素で食物繊維やミネラル、ビタミンなどの栄養素が豊富です。価格も安く、普段の食事に取り入れると効果的です。

④納豆

f:id:youichirou1129-1:20180113104631j:plain

大豆は高タンパク質で健康食材としても人気があります。しかし”完全無欠ダイエット”の観点では、植物性イソフラボンがホルモンのバランスを狂わせる可能性があるとしてNGです。

 

しかし、ヒスタミンなどの反栄養素が軽減される発酵食品は食べてよく、大豆食品でも納豆は食べても大丈夫です。

 

2.自分に合った食材か判断する基準

何か食材を食べてから飢餓感を2日ほど感じた場合は、その食材は自分にとってNG。逆に飢餓感を満たしてくれた食材は自分に合っている食材です。

3.まとめ

”完全無欠ダイエット”では朝食がバターコーヒーになる分、栄養素が足りなくなある可能性があります。足りない分を摂取するためにも日ごろの食事のバランスには気を付け、積極的にタンパク質を摂り、足りない分はサプリなどで摂取するようにしましょう。