バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

ココナッツオイルのダイエット効果!バターコーヒーダイエットに利用される理由

f:id:youichirou1129-1:20180209121930j:plain

数年前から話題となっているココナッツオイルですがご存知でしょうか。ローラさんやミランダカーさんが愛用していることで有名になりました。

 

ダイエット効果や美容効果があるとも言われているココナッツオイルですが、本当に安全なのか危険性はないのかという点について説明したいと思います。

 

1.ココナッツオイルについて

f:id:youichirou1129-1:20180209122006j:plain

ココナッツオイルはココヤシに実る果実「ココナッツ」の種からとれる油です。産地は、フィリピン、タイ、インド、スリランカなどで、これらの国ではココナッツを「命の木」と呼び、食用と薬用で使い続けられています。

 

ココナッツの成熟した実から「ココナッツオイル」は作られます。ココナッツオイルは、インドやスリランカに伝わる伝統医療アユールヴェーダ療法において治療薬として使われ、その治癒特性も認められています。

2.ココナッツオイルの治癒効果

ココナッツオイルには多くの治癒効果があると言われています。そのカギとなるのがココナッツオイルに豊富に含まれる中鎖脂肪酸です。中鎖脂肪酸の働きが多くの病気や症状の緩和をもたらします。

3.ココナッツオイルのダイエット効果

f:id:youichirou1129-1:20180209122036j:plain

 ココナッツオイルは天然の低カロリーオイルと言われています。他のオイルと比較して低カロリーということです。他のオイルが1gあたり9キロカロリーであるのに対し、ココナッツオイルは1gあたり8.6キロカロリーです。

 

カロリーは少ししか変わらないではないかと思われるかもしれませんが、低カロリーオイルと言われている所以は、他のどのオイル、どの食べ物よりも空腹感をなくし、満腹感を満たしてくれる点です。

 

中鎖脂肪酸は消化・吸収が早いので満腹感がすぐに得られます。そのため食事と食事の間にお腹が空かないので、間食をせずに過ごすことができます。1日のカロリー摂取量が以前より減ることで、ダイエット効果が得られるということです。

 

ココナッツオイルがバターコーヒーダイエットにも使われている理由がこの満腹感が得られるという効果があるからです。満腹感のおかげで朝食をコーヒーに置き換えることができます。

4.ココナッツオイルで代謝向上

中鎖脂肪酸には代謝を向上させる作用もあります。代謝が上がるとエネルギー消費量、カロリー消費率は増え、燃焼するカロリーが増えて体脂肪は減少します。

 

中鎖脂肪酸を含む食事の前後でエネルギー消費量を測定したある研究では、正常体重の人でエネルギー消費量が48%増加したと報告されました。また代謝の上昇は食後数時間たっても終わらず、丸一日上昇した状態が続いたという結果も出ています。

5.ココナッツオイルの注意点

f:id:youichirou1129-1:20180209122618j:plain

ココナッツオイルが体に合わなかったり、過剰に摂取すると下痢・頭痛・吐き気・めまい・湿疹などのアレルギー症状が出ることが確認されています。そのため少量から摂取し、体に合っているか注意する必要があります。

 

また最近になりココナッツオイルにはダイオキシンに似た環境ホルモンがあるという説が出てきています。性ホルモンの代謝を阻害する有害因子が含まれていることが分かっています。

 

不妊や精子異常、男性型脱毛症などにもかかわってくることから、男性や妊娠中の女性は積極的に摂取しない方がよいかもしれません。

6.まとめ

ココナッツオイルはダイエットや健康に優れた天然素材ですが、過剰摂取するとアレルギー症状が出たりし、逆効果となることがあります。メリット・デメリットがありますので、摂取の際にはよく検討してみましょう。