バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

コーヒーの品種と特徴 -アラビカ種とロブスタ種-

f:id:youichirou1129-1:20180228140734j:plain

普段コーヒーを飲むときにあまり気にしないと思いますが、多くの作物に品種があるように、コーヒーにも品種があります。大きく分けると、アラビカ種とロブスタ種の二つに分けることができます。各品種の特徴についてもう少し詳しく説明したいと思います。

 

1.アラビカ種の特徴

f:id:youichirou1129-1:20180228140756j:plain

原産地はアフリカのエチオピアです。現在世界のコーヒー豆の6割弱がアラビカ種です。ちなみにロブスタ種の生産量は3割程度ですので、生産されているコーヒー豆は圧倒的にアラビカ種が多いことになります。

 

アラビカ種は酸味が強く、香りは花のような甘い香りがします。アラビカ種は標高1000m~2000mの熱帯高地で栽培されます。栽培には大変な手間がかかり、その上、霜、乾燥、病害虫などに弱く、栽培が難しい品種になります。しかし、他種よりも香りがよく、上品な酸味があることから、高品質のコーヒーの原料として人気があります。

2.ロブスタ種の特徴

原産地はアフリカのコンゴです。ロブスタ種はアラビカ種よりも低高度で育成することができ、病気や害虫に強く、育成が容易です。標高は300m~800mで育成することができます。豆の形はアラビカ種よりも丸みを帯びています。

 

ロブスタ種は苦味が強く、酸味はあまりありません。油分も多く含まれ、やや泥臭いと評価されることもあります。価格はアラビカ種よりも安いことからインスタントコーヒーや缶コーヒーの原料として使用されます。

 

また、ロブスタ種にはカフェインがアラビカ種の2倍と、多く含まれています。カフェインの覚醒作用で集中力アップや眠気覚ましを期待する場合にはロブスタ種がオススメです。

3.普段よく飲んでいるブレンドコーヒーについて

f:id:youichirou1129-1:20180228140831j:plain

①ストレートとブレンド

私たちが普段よく耳にするのが「ブレンドコーヒー」という名前ではないでしょうか。ブレンドとは複数の産地のコーヒー豆を割合を決めて配合したものことを指します。それに対し、単一の産地の豆だけのものを「ストレート」といいます。

②ブレンドする目的

コーヒーはブレンドすることで好みの風味や新しい風味を作ることができます。ストレートでは味わうことができない好みに合ったおいしいコーヒーを創り出すことができます。

 

また、コーヒーの品質や価格を安定させるという目的もあります。コーヒー農作物ですので、様々な要因で味の変化や価格の変動が起こります。ブレンドすることで味わいや品質を維持し、価格を安定させることができます。

 

ブレンドは組み合わせによっていくつものパターンを作ることができますが、コーヒー豆の数が多すぎてもバランスが崩れてしまうため、3種類~5種類程度で構成するのが一般的です。

4.まとめ

今まであまり気にしていなかったコーヒーの品種も、注目してみると新しい発見があるかと思います。違った品種のコーヒーを飲み比べることで、コーヒーの世界が広がるかもしれませんね。