バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

コーヒーに疲労回復効果!コーヒーに筋肉疲労を癒す効果

f:id:youichirou1129-1:20180228160824j:plain

コーヒーにダイエット効果があるということは聞いたことがある方もいると思いますが、疲労回復効果があるということを知っていますか。コーヒーと疲労回復とは意外な組み合わせですが、最近の研究で分かってきました。

 

1.コーヒーの筋肉疲労の回復効果

f:id:youichirou1129-1:20180228161427j:plain

スポーツなどの運動をすると筋肉疲労が溜まります。筋肉疲労回復のためには体内の代謝を活性化させ、体内で不要となったものを体外へ排出する必要があります。カフェインは血液の流れをよくし、筋肉の疲労物質の乳酸を体内に溜まりにくくする作用があります。

 

また、コーヒーに含まれるカフェインには筋肉痛の痛みを和らげる効果があるとされています。アメリカのイリノイ大学の発表によると、コーヒーを飲むとアデノシンと呼ばれる化学物質の活動をブロックすることによって筋肉痛を緩和することが可能だそうです。

 

アデノシンは体細胞中で痛みの受容器を活性化することができる物質なので、アデノシンをブロックできれば筋肉痛は軽減されるという仕組みです。

2.コーヒーを飲むことで体力の回復効果

f:id:youichirou1129-1:20180228161444j:plain

オーストラリアの研究チームの調査によると、運動後に濃いコーヒーやカフェイン入りの栄養ドリンクを炭水化物と一緒に摂取すると、体力の回復が早まるということがわかりました。

 

調査によると、運動後にカフェインを摂取した人は、摂取していない人と比較して筋グリコーゲンの貯蔵量が約6割も増加していたといういうことです。

 

筋グリコーゲンは筋肉に蓄えられる糖の一種で、筋肉の収縮のためのエネルギー源となります。筋肉に蓄えられるグリコーゲンのことを筋グリコーゲンといいます。体内のグリコーゲンの約8割が筋グリコーゲンとして蓄えられており、運動する際に重要な働きをします。

 

つまり、カフェインを摂取することで、その後の運動で必要となる筋グリコーゲンを筋肉に蓄えておくことができるということです。

3.まとめ

コーヒーに含まれるカフェインには筋肉の疲労回復効果や体力の回復効果があることがわかってきています。しかし、効果があるからといってカフェインの過剰摂取には注意する必要があります。特に栄養ドリンクにはコーヒーの10倍以上のカフェインが含まれているものもあります。カフェインの摂りすぎにならないよう注意しましょう。