バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

コーヒーは何歳から飲んでも大丈夫?!子供がコーヒーを飲んでもいい年齢について

f:id:youichirou1129-1:20180305205152j:plain私が子供のころに、両親のコーヒーをもらって飲んだ記憶があります。とても苦く、なぜ大人はこんな苦いものを飲むのだろうと思っていた記憶があります。それが今やコーヒーの虜になってしまいました。

 

コーヒーにはカフェインが入っており、様々な効果があることが分かってきていますが、悪影響もあることもわかっています。それでは、何歳からコーヒーを飲んでも大丈夫なのでしょうか。

 

1.コーヒー飲んでもよい年齢は個人差がある

f:id:youichirou1129-1:20180305205407j:plain

子供の年齢と飲用に関して正確に調べられた研究は殆どありません。しかし、目安として、12~15歳以上で体重が50kgを越えていたら大人と同じようにコーヒーを飲んでも問題ありません。実年齢よりも体格が判断材料となります。

2.子供がコーヒーを飲まない方がよい理由

子供は大人よりも感受性が高くなっています。コーヒーに含まれるカフェインを摂取した場合、大人にとっては問題ない場合でも、子供が飲むとカフェインの覚醒作用により気分が高揚してハイテンションになってしまったり、気分が悪くなったり、眠れなくなってしまう可能性があります。

 

大人になるについてカフェインには慣れていきますが、子供の場合はカフェインの摂取量について注意する必要があります。コーヒー以外にもカフェインが含まれている飲み物はありますので、コーヒー以外の飲み物にも注意しましょう。

3.コーヒー以外でカフェインが含まれているもの

カフェインが含まれているものの代表格がコーヒーですが、他にもカフェインが含まれている飲み物は多くあります。紅茶やコーラ、ココアなどにもカフェインは含まれています。また、飲み物ではありませんがチョコレートにもカフェインが含まれています。

4.まとめ

コーヒーを飲んでもよい年齢にいて、具体的に何歳という決まりはありませんが、体格が小さい場合にはカフェインの摂取量に注意する必要があります。コーヒー以外にもカフェインは含まれていますので、子供が飲んでいる飲み物には注意を払うようにしましょう。