バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

コーヒーを飲むと頭痛は治る?それとも悪化する?

f:id:youichirou1129-1:20180305211012j:plain

頭痛の対処法として、「コーヒーを飲むとよくなる」と聞いたことはありますか?逆に「コーヒーを飲むと頭が痛くなる」ということも聞いたことがあったりしますか?

 

なぜ同じようにコーヒーを飲んでいるのに頭痛が治るケースと頭痛になるケースがあるのでしょうか。

 

1.緊張型頭痛はコーヒーで悪化する

f:id:youichirou1129-1:20180305211038j:plain

緊張型頭痛は頭を締め付けられるような痛みが数分間~数日間に及ぶ慢性的な頭痛です。慢性頭痛の90%がこの緊張型頭痛であると言われています。デスクワークや運動不足が目立つ最近では、かなり多くの人が発症しています。

 

緊張型頭痛の原因は、血流の低下です。カフェインを多く取ると血管が収縮して血流が悪くなります。そのため、締め付けられるような痛みの場合はコーヒーを避けた方が良い可能性が高くなります。

2.偏頭痛はコーヒーで改善

f:id:youichirou1129-1:20180305211059j:plain

偏頭痛は脳の血管が拡張して筋肉が圧迫されることが原因です。コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させる作用があり、圧迫されていた筋肉が緩和されることで偏頭痛の痛みが緩和され改善する効果があります。

 

しかし、偏頭痛の時にはコーヒーを飲めば必ず改善されるということではなく、逆に人によってはコーヒーで痛みを誘発するケースもありますので注意する必要があります。

3.二日酔いの頭痛をコーヒーで改善

二日酔いの頭痛の原因はアセトアルデヒドという物質です。この物質を体の外に追い出し、脳の血液の循環をよくすれば頭痛は解消されます。その際に有効なのがコーヒーに含まれるカフェインです。飲みすぎた翌朝はコーヒーを飲んでみましょう。

4.まとめ

頭痛には種類があり、コーヒーを飲むと改善される場合もあれば逆の場合もあります。自分の頭痛がどの種類なのかということを把握することが重要です。また、体質による場合もあるので、どのケースに頭痛が改善されるか知っておき、うまくコーヒーと付き合っていきましょう。