バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

授乳中にコーヒーは飲んでも大丈夫?!カフェインの摂取には要注意

f:id:youichirou1129-1:20180307103728j:plain

妊娠中にコーヒーを飲むと胎児に影響を及ぼすとして飲むのを避けていた方も多いと思います。それでは授乳中はどうなのでしょうか。「お酒やタバコはダメかもしれないけど、コーヒーならいいんじゃない」思う方もいると思います。

 

授乳中にコーヒーを飲むのはダメなのでしょうか。カフェインが母乳にもたらす影響や飲み方について紹介させていただきます。

 

1.カフェインは母乳から赤ちゃんへ

f:id:youichirou1129-1:20180307103746j:plain

授乳中の母親がカフェイン摂取した場合、摂取したカフェインの1%前後が母乳に含まれます。1%ですのでコーヒーを2~3杯飲んだ程度では赤ちゃんに重大な影響が出るとは言えません。

 

しかし、コーヒー以外にもカフェインを含む飲み物はありますので、知らないうちにカフェインを過剰摂取している可能性もあります。赤ちゃんはカフェインに対して過敏に反応を示します。

 

コーヒーの持つ覚醒作用により、赤ちゃんが夜寝なくなったり、泣く回数が増えたりする可能性があります。いつもと違う様子が見られる場合はカフェインの摂取を控えるようにしましょう。

2.カフェインはコーヒー以外にも含まれている

カフェインが含まれるものの代表格としてコーヒーが挙げられますが、実はコーヒー以外の飲み物にもカフェインが含まれています。

 

カフェインが含まれている飲み物として、紅茶、ウーロン茶、緑茶、ココアなどがあります。その他にもコーラや栄養ドリンクにもカフェインは含まれています。完全にカフェインを避けるためには注意する必要があります。

 

 3.授乳中のコーヒーの上手な飲み方

f:id:youichirou1129-1:20180307103808j:plain

カフェインにはリラックス効果もあり、毎日飲むことでストレス解消をしている方もいると思います。そのような方がコーヒーを断つにはつらいと思います。無理をしてコーヒーを止める必要はありません。

 

コーヒーを飲むときは、1日2~3杯の範囲で飲むようにしましょう。1日4杯以上飲むとカフェインの過剰摂取の可能性があります。

 

また、コーヒーを飲むときは授乳後に飲むようにしましょう。摂取されたカフェインは5時間前後で排出されるといわれています。

 4.カフェインの少ない飲み物

f:id:youichirou1129-1:20180307103912j:plain

コーヒーを飲まずに別の飲み物をと考えている方は、麦茶やハーブティー、デカフェ、トマトジュースなどがオススメです。

 

デカフェやカフェインレスコーヒーという名前を聞いたことがある方もいると思います。コーヒーに含まれるカフェインを取り除いたコーヒーのことを指します。カフェで取り扱っているお店もありますので聞いてみましょう。

 

 

5.カフェインレスコーヒーのオススメは「たんぽぽコーヒー」

授乳中の方におすすめなのが「たんぽぽコーヒー」です。たんぽぽコーヒーはたんぽぽから作られており、カフェインが含まれていないので、カフェインによる赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。

 

たんぽぽコーヒーは多くの会社が販売していますが、高品質と安全性という点でオススメしたいのは「森下薬農園のたんぽぽコーヒー」 です。この会社は品質と安全性に特にこだわっており、鳥取県の自社工場で生産から発送までやっており、250項目以上の放射能・残留薬検査を実施しています。

 

もちろん、ノンカフェインでノンカロリーですので妊娠中の方や授乳中の方、お子様でも安心して飲むことができます。添加物は入っておらず、香料や着色料も入っていません。

 

妊娠中や授乳中の方からも支持されているたんぽぽコーヒーです。品質と安全性を重視したいという方は「森下薬農園のたんぽぽコーヒー」 をぜひ利用してみて下さい。