バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

コーヒーは歯の黄ばみの原因?!その予防と対策について

f:id:youichirou1129-1:20180312013720j:plain

コーヒーが好きで毎日飲んでいる方も多いかと思います。朝起きてすぐ飲む方、休憩中に飲む方などの見方は人それぞれだと思います。しかし、毎日飲んでいるコーヒーには歯の黄ばみを引き起こしてしまう働きがあることをご存知でしょうか。

 

歯の汚れは不潔な印象を持たれてしまい、人と会話するときなどに自分の歯の汚れが気になってしまいますよね。今回はコーヒーで歯が黄ばんでしまう要因について説明し、その予防と対策について説明したいと思います。

 

歯の黄ばみの原因について

f:id:youichirou1129-1:20180312013758j:plain

コーヒーにはカフェインが含まれていますが、その他にもポリフェノールという成分も含まれています。歯の黄ばみの原因となるのがこのポリフェノールです。ポリフェノールは植物が作り出す抗酸化物質で、ワインやココアなどにも含まれています。

 

歯の表面には「ペリクル」という唾液の成分の膜があります。ペリクルは歯の最も固い部分であるエナメル質を保護する働きがあります。このペリクルとポリフェノールが反応して、色素が沈着していきます。

汚れが付かないようにするための対策

f:id:youichirou1129-1:20180312013822j:plain

コーヒーを飲むときはストローを使用する

コーヒーが歯に触れることで着色してしまいます。ホットコーヒーでは難しいですが、アイスコーヒーの場合はストローを使用し歯に触れないよう直接飲むことで着色予防効果があります。

コーヒーを飲んだ後には口をゆすぐ

コーヒーが口の中に長時間残っていると色素が歯に付着して黄ばみの原因となります。コーヒーを飲んだ後にすぐにうがいをすることで洗い流すことができるので効果的です。口をゆすぐことで口臭予防にもなります。

研磨剤入りの歯磨き剤は避ける

歯磨き剤には研磨剤が含まれているものがあり、歯を白くする効果があると宣伝されていますが、使用方法には注意が必要です。一時的には歯の表面は綺麗になりますが、歯の表面のエナメル質が削られて、かえって色素沈着を起こしやすくなります

歯を白くするにはホワイトニング

ホワイトニングという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。歯を白くするホワイトニングに興味がある方は年々増えています。歯が白いということは印象を左右する大切なポイントなので、白くしたいと思う方が増えていま。

 

ホワイトニングは歯医者でするものと自宅でするものがあります。ホワイトニングをするための費用としてどのくらいかかるのでしょうか? 

ホームホワイトニングの相場

f:id:youichirou1129-1:20180813231245p:plain

ホワイトニングには2種類あり、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングがあります。自宅で行うホワイトニングをホームホワイトニングと呼びます。

 

ホームホワイトニングの中にも種類があり、市販のホワイトニング剤を購入して行うものと、歯医者でホワイトニング剤をもらって行うものがあります。費用の違いは以下の通りです。

費用の相場について

  • 市販のホームホワイトニング 数百円~2万円ほど
  • 歯科医で行うホームホワイトニング 2~5万円ほど

ホームホワイトニングの効果や特徴

市販のホワイトニング剤を使ったホームホワイトニングにも歯医者でもらったホワイトニング剤を使ったホームホワイトニングもメリットやデメリットがあります。各ホームホワイトニングのメリット・デメリットについて紹介させていただきます。

市販のホームホワイトニング

市販のホワイトニング剤は手軽に購入できるので、少し試してみたい方にはオススメです。しかし薬剤の効果は低く即効性はないため、すぐに歯を白くしたいと考えている方には向いていません。

歯医者で行うホームホワイトニング

歯医者で行うホームホワイトニングは、時間をかけて歯の内側から白くしていきます。最初は歯医者さんへ行って、専用のマウスピースを作成し、その後は家でマウスピースに薬剤を入れて1~2時間はめたままの状態をキープし、ホワイトニングをするという流れを数週間続けます。

 

歯医者で行うホームホワイトニングは薬剤の効果が高く、比較的短期間で歯を白くすることができます。ただ、保険適用外なので費用が高く、市販のホームホワイトニング剤の数倍かかります

オフィスホワイトニングの相場

f:id:youichirou1129-1:20180813015135j:plain

歯医者で行うホワイトニングをオフィスホワイトニングと言います。費用の相場は病院によって大きく異なります。ホワイトニングは自由診療のため、病院によって設定している値段が異なることが理由です。相場としては以下の通りです。

 

  • 1回ホワイトニングをすると5,000円~80,000円とかなり幅がある。
  • 通院期間は1回~4回です。

 

オフィスホワイトニングは即効性があり、1回の施術でも効果が出ます。早く効果を感じたい方にオススメです。しかし、ホームホワイトニングよりは値段は高くなる傾向があるので、歯医者さんに値段などを聞いてから施術するとよいでしょう。

ホームホワイトニングにオススメなディノベートデンタルホワイトプロ!

f:id:youichirou1129-1:20181019100215p:plain

今なら1日50円から自宅で手軽にホワイトニングができ、コスパが良いということで雑誌やSNSで取り上げられており、美容サイトの@COSMEでも1位を獲得した人気のある商品です。

 

「ディノベートデンタルホワイトプロ」は毎日の歯磨きの後に、歯ブラシにつけて歯をやさしくブラッシングするだけという手軽さです。最後に水でゆすげばOKです。

ディノベートデンタルホワイトプロに含まれているスゴイ成分!

毎日の歯磨きを替えるだけで歯が白くなるなんて、どんな成分が入っているのかと気になりますよね?どんな成分が入っているのか紹介させていただきます。

 歯のヨゴレを浮かせる3つの成分

歯の黄ばみの原因はステインと呼ばれる着色汚れです。ステインは歯の表面のカルシウムイオンと結合されてしまっています。そのため歯を磨くだけでは歯の黄ばみは落ちないんです。

 

しかし、ディノベートデンタルホワイトプロの成分である、「ポリリン酸」「ピロリンサンNa」がステインと歯の表面にあるカルシウムイオンの間に入り込んで結合を解除してくれます。

 

結合が解除されたヨゴレは軽いブラッシングで落とすことができるので、強いブラッシングで歯を痛めることはありません。

 

さらに、浮き上がらせ、取り除いた着色汚れが、再び白くした歯に付くのを「DL-リンゴ酸」が抑えてくれます。

 

黄ばんだ歯を白くしたい!

口コミやSNSで話題の「ディノベートデンタルホワイトプロ」

↓ ↓ ↓

【ディノベートデンタルホワイトプロ】をお得に買える公式サイトはこちら