バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

コーヒーが口臭を強くする?!コーヒーが原因の口臭の予防方法

f:id:youichirou1129-1:20180307103808j:plain

コーヒーは手軽に飲める飲み物で、日本人に愛されている飲み物の一つです。コーヒーに含まれる成分により、集中力を高める効果や眠気を覚ます効果もあります。

 

コーヒーを飲むことでいい点もありますが、悪い点もあります。それが口臭が強くなるということです。コーヒーを飲むと口臭がするということで控えている方もいます。今回はコーヒーと口臭の関連性と予防法について説明したいと思います。

 

1.コーヒーを飲むと口臭が強くなる原因

f:id:youichirou1129-1:20180307103746j:plain

①コーヒーの微粒子の蓄積が原因

コーヒーは独特の香りを発し、リラックス効果がある飲み物ですが、飲んだ後は強い口臭の元となります。この口臭の原因は、コーヒーに含まれているコーヒー豆の細かな粒子です。

 

この微粒子が舌の表面の突起物に付着し、蓄積することでニオイの原因となります。この微粒子はドリップコーヒーだけでなく、缶コーヒーやインスタントコーヒーにも溶け込んでいます。

②カフェインにより唾液が減少し口臭の原因に

カフェインには唾液の分泌量を減少させる働きがあります。唾液の分泌量が減少すると、口腔内が乾燥しやすくなります。口腔内が乾燥すると雑菌が繁殖してしまい、口臭の原因となります。

③利尿作用による水分不足が原因

コーヒーを飲むと体内から老廃物を排出してくれる利尿作用が働きます。利尿作用はよい面もあるのですが、水分補給をこまめにしないと体内の水分が不足してしまい、唾液の分泌量が減少してしまい、口臭の原因となってしまいます。

2.コーヒーを飲んだ後の口臭対策

f:id:youichirou1129-1:20180305204709j:plain

コーヒーを飲んでも対策をすることでニオイを軽減することはできます。

①水を飲む

コーヒーを一緒に水を飲むことで、利尿作用で体外に排出されてしまった水分を補給することができ、口腔内の乾燥を防ぐことができます。また舌の表面に付着したコーヒー豆の微粒子を洗い流すことができます。

②ガムを噛む

ガムを噛むことであごを動かすことができ、唾液の分泌量を増加させることができます。カフェインの利尿作用により低下した唾液の分泌量を取り戻すことに繋がり、口臭を抑える助けになります。

③舌ブラシを利用する

コーヒー豆の微粒子は舌の表面に付着します。この微粒子が舌の表面に蓄積することで口臭の原因となりますので、取り除く必要があります。専用の舌ブラシを利用し、舌のケアをするようにしましょう。

 3.まとめ

朝起きてすぐのコーヒーや、休憩中のコーヒーはやめられないという方も多いと思います。しかし、コーヒーを飲んだ後のニオイは他人に不快な思いをさせているかもしれません。コーヒーを飲んだ後はケアをし、口臭対策をしましょう。