バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

コーヒーを飲むと血圧が下がる?上がる?コーヒーと血圧の関連性

f:id:youichirou1129-1:20180514000723j:plain

コーヒーには様々な効果があり、ダイエット効果や覚醒作用、利尿作用などがあります。ダイエット効果がテレビなどでも紹介されたりしているので、毎日飲んでいるという方も多いかと思います。

 

そんなコーヒーですが、血圧を下げてくれる効果があるという話を聞いたことがありますか。コーヒーを飲むと逆に血圧が上がってしまいそうなのですがどうなのでしょうか。今回はコーヒーと血圧について説明したいと思います。

1.コーヒーを飲んでも血圧は上がらない

コーヒーを習慣的に飲んでいるという人は、コーヒーを飲んでも血圧が上がるということはありません。コーヒーをあまり飲む習慣のない人の場合、数ミリ程度血圧が上昇がすることがありますが、これは活発な会話や運動をしたときよりも小さな上昇です。

 

そして、どのような場合でもコーヒーを飲んだ後の作用は2~3時間後には元に戻ります。またコーヒーへの耐性は比較的すぐにできるので、普段からコーヒーを飲んでいる人の血圧が高いということはないようです。

2.コーヒーを飲むと血圧が下がる

一昔前はコーヒーの飲みすぎは高血圧に繋がると考えられていましたが、最近ではコーヒーを飲んだ方が高血圧の危険性が下がると言われています。

 

アメリカのある施設でコーヒーと血圧の関係性を調べた研究によると、約3万人の女性を対象に12年間習慣的にコーヒーを摂取してもらった結果、コーヒーと高血圧に関係が認められなかっただけでなく、高血圧になる危険性が下がるという傾向が認められました。

3.コーヒーに含まれるポリフェノールの作用が血圧を下げる

f:id:youichirou1129-1:20180507113806j:plain

コーヒーにはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは抗酸化物質で、体の酸化を防いでくれる作用があります。その結果、血管を酸化させずに、若々しく保つ効果が期待できます。

4.コーヒーはカフェインレスコーヒーでも大丈夫

カフェインが苦手でコーヒーを飲むことができないという方は、カフェインレスコーヒーやデカフェを飲んでも大丈夫です。カフェインレスコーヒーにはクロロゲン酸などのポリフェノールは含まれているので、抗酸化作用を期待できます。

5.カフェインレスコーヒーのオススメは「たんぽぽコーヒー」

カフェインレスコーヒーでオススメなのが「たんぽぽコーヒー」です。たんぽぽコーヒーはたんぽぽから作られており、カフェインが含まれていないので安心して飲むことができます。

 

たんぽぽコーヒーは多くの会社が販売していますが、高品質と安全性という点でオススメしたいのは「森下薬農園のたんぽぽコーヒー」 です。この会社は品質と安全性に特にこだわっており、鳥取県の自社工場で生産から発送までやっており、250項目以上の放射能・残留薬検査を実施しています。

 

もちろん、ノンカフェインでノンカロリーですので妊娠中の方や授乳中の方、お子様でも安心して飲むことができます。添加物は入っておらず、香料や着色料も入っていません。

 

妊娠中や授乳中の方からも支持されているたんぽぽコーヒーです。品質と安全性を重視したいという方は「森下薬農園のたんぽぽコーヒー」 をぜひ利用してみて下さい。