バターコーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能について

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

コーヒーゼリーにもカフェインは入っている?!コーヒーゼリーのカフェイン量について

f:id:youichirou1129-1:20180516092732j:plain

コーヒーが好きで毎日飲んでいる方は多いかと思います。朝目が覚めて今日も一日頑張ろうという気分になりますよね。しかし、今回紹介したいのはコーヒーゼリーについてです。

 

コーヒーゼリーはゼリーが甘くて苦手だという方でも食べることができ、あの適度な苦みがやみつきだという方もいるんではないでしょうか。でも、コーヒーゼリーにはカフェインが含まれているなん話しを聞いたことがありませんか。今回はコーヒーゼリーに含まれるカフェインについて説明したいと思います。

 

1.コーヒーゼリーの歴史

コーヒーゼリーはイギリスで1817年に出版された料理本にレシピが紹介されてたのが始まりとされています。その後アメリカでも1896年にレシピが掲載されました。

 

日本でコーヒーゼリーのレシピが初めて紹介されたのは、1914年4月3日付の読売新聞の家庭欄です。アメリカの大学で家政学を学んだ小此木武子さんがレシピを紹介しました。

 

日本で最初にコーヒーゼリーの販売を行ったのは「ミカドコーヒー」の創業者です。「ミカドコーヒー」は軽井沢で営業していた喫茶店で、コーヒーゼリーは1963年に「食べるコーヒー」として販売され大ヒットしました。

 

コーヒーゼリーは日本ではコンビニなどでも売っており、手軽に買うことができます。また、カフェや喫茶店でも定番商品となっています。しかし、海外ではコーヒーゼリーはあまり知られていないんです。

2.コーヒーゼリーの作り方

f:id:youichirou1129-1:20180516092750j:plain

コーヒーゼリーの作り方ですが、すごく簡単なんです。濃いめに淹れたコーヒーにゼラチンと砂糖を混ぜるだけです。自宅でも簡単にできてしまいそうですよね。私も食後のデザートとして冷蔵庫に作り置きをしてあったりします。

3.コーヒーゼリーのカフェイン量

コーヒーゼリーの作り方を見てわかった方もいると思います。コーヒーゼリーにはカフェインがコーヒーと同じくらい含まれています。コーヒーをゼラチンで固めただけなので、カフェインが入っていないわけがありませんよね。

 

コーヒーに含まれるカフェイン量は100mlあたり約60㎎です。コーヒーゼリーの材料はコーヒーですので、カフェインはコーヒーと同程度含まれていることになります。

 

1日に摂取しても大丈夫とされているカフェイン量はWHO(世界保健機関)によると300㎎とされています。そうすると1日に食べていいコーヒーゼリーの個数は5個くらいまでになります。

4.妊娠中の方やお子様は要注意

妊娠中にコーヒーを飲むのは控えているけれども、コーヒーゼリーは大丈夫だと思い、気にせずに食べているという方がいたら注意する必要があります。また、お子様のおやつとして食べさせているという方も注意した方がいいです。

 

妊娠中の方や授乳中の方の摂取しても大丈夫なカフェインの量は200㎎とされています。コーヒー以外の飲み物にもカフェインは含まれているので、コーヒーゼリーをたくさん食べてしまうとカフェインを過剰に摂取してしまう可能性があります。

5.まとめ

コーヒーゼリーはコーヒーをゼラチンで固めるだけという簡単な方法で作ることができます。材料がコーヒーとゼラチンなので健康面で心配する必要はありませんが、カフェインの摂取量には気を付ける必要があります。

 

カフェインは摂取し過ぎると体に悪影響を及ぼす可能性があります。コーヒー以外にもカフェインは含まれているので、カフェインの摂り過ぎには注意し、コーヒーゼリーをおいしく食べましょう。