コーヒーダイエットについて検証!コーヒーの効果効能とは?

バターコーヒーダイエットが最近話題になっています。毎日のコーヒーをバターコーヒーに替えるだけという簡単な方法で痩せることができるようです。バターコーヒーダイエットの効果について検証してみたいと思います。

玄米珈琲にはカフェインが入っていない?気になる成分や副作用は?

f:id:youichirou1129-1:20190107234929j:plain

コーヒーと言うとカフェインが連想されるくらい、カフェインが入っている代表的な飲み物です。コーヒーにはダイエット効果があり、カラダにも良いということがわかってきています。

 

ただ、摂りすぎると悪い影響があったり、妊娠中や授乳中の方は摂るのを控えるように言われたりもするようです。そのため、カフェインレスコーヒーやデカフェといったカフェインが含まれていないコーヒーが最近販売されています。

 

コーヒーを飲みたいけれど、カフェインが入っているので飲むことができないという方にオススメの飲み物が「玄米珈琲」です。玄米珈琲にはダイエット効果があるようです。今回は玄米珈琲について紹介させていただきます。

 玄米珈琲ってなに?

f:id:youichirou1129-1:20190107234944p:plain

玄米珈琲ってなに?って思われる方もいらっしゃるかもしれません。玄米珈琲というのは玄米を焙煎して黒焼きにしたものを使った飲み物のことを言います。

 

色がコーヒーにそっくりなので、コーヒー豆を使っているように見えますが、コーヒー豆は一切使われていません。黒焼きされた玄米は漢方で「玄神」と呼ばれ使われているものです。

 

便秘や冷えなどいろんな病気を改善する妙薬として中国では古くから用いられているようです。

玄米珈琲に含まれている成分は?カフェインは入ってる?

f:id:youichirou1129-1:20181126235059p:plain

コーヒーは好きだけど、カフェインが入っているから飲まないようにしている方もいらっしゃるかもしれません。そんな方でも安心して飲めるのが「玄米珈琲」です。玄米珈琲には以下の成分が含まれています。

食物繊維

大腸内で発行・分解されて腸内環境を整えてくれます

ビタミンB1

炭水化物をエネルギーとして消費するために必要な栄養素です。不足するとエネルギー代謝が滞り、疲労が溜まってしまいます。また食欲不振などを引き起こしてしまう可能性があります。

ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用があり、様々な酸化ストレスから体を守る効果があると言われています。前立腺がんや胃がんなどの予防に効果的であることがわかっています。

ビタミンB6

ビタミンB6は食品中のたんぱく質からエネルギーを産生したり、筋肉や血液などがつくられたりするときに働いています。皮膚や粘膜の健康維持に欠かせない成分です。

玄米珈琲の効能は?

f:id:youichirou1129-1:20190107235122p:plain

玄米珈琲には食物繊維、ビタミンB群、ビタミンE、カルシウムなどが豊富に含まれており、その成分の効能により、便秘や冷え性、不眠、頭痛などの症状の緩和効果が期待できます。

 

冷えやむくみは老廃物が溜まっている証拠です。玄米珈琲を飲んで、腸内をキレイにし、体内の老廃物を排出することで、免疫力のアップとデトックス効果が期待できます。

 

また、玄米珈琲はノンカフェインで陽性飲料です。陽性飲料は飲むことによりカラダを温めてくれます。冷え性を改善効果が期待できるので、寒い冬には特にオススメです。

玄米珈琲を飲むことによる副作用ってあるの?

f:id:youichirou1129-1:20181211234222j:plain

玄米珈琲を飲むことによる副作用の心配はする必要はありません。カフェインも入っていないので、妊娠中の方や授乳中の方、小さなお子さんでも安心して飲むことができます。

玄米珈琲の味は?

玄米珈琲の味はどんな味なんでしょうか?気になりますよね?玄米珈琲の味はコーヒーとは少し違いますが、限りなくコーヒーに近い味です。コーヒーより苦味は少ないです。

 

玄米珈琲は牛乳や豆乳、はちみつ、黒砂糖などを入れてもおいしく飲むことができます。好みに合った飲み方で飲んでみましょう。

オススメの玄米珈琲は「やさしい黒豆玄米珈琲」 

玄米珈琲には栄養素が豊富に含まれていて、妊娠中の方から小さなお子さんでも飲めるということはわかっていただけたと思います。そんな玄米珈琲に興味を持った方に紹介したいのが「やさしい黒豆玄米珈琲」です。

 

玄米珈琲じゃないの?と思われるかもしれませんが、黒豆と玄米を使っている商品で、妊娠中や授乳中の方でも安心して飲めるようにカフェインは入っていません。

 

玄米に含まれる成分と効果については説明させてもらいましたが、黒豆にもカラダに良い栄養素は豊富に含まれていて、美容にいい成分も含まれています。黒豆に含まれる成分には以下のようなものがあります。

アントシアニン

アントシアニンというのは植物の色素で、フラボノイドの一種です。抗酸化物質として知られています。アントシアニンはコラーゲンを安定化させる働きがあり、美肌効果が期待できます。

ポリフェノール

黒豆にはポリフェノールが豊富に含まれており、ブドウの約1.3杯、リンゴの約3倍のポリフェノールが含まれています。抗酸化作用があり、シミやシワなどの老化を防ぐ効果が期待できます。

レシチン

レシチンは細胞膜の主成分で、血液中のコレステロールの量をコントロールしてくれる働きがあります。美肌効果もあり、ビタミンの吸収を助けてくれます

サポニン

サポニンには抗酸化作用があり、コレステロールの蓄積を抑えてくれる効果が期待でき、動脈硬化や心筋梗塞の予防にも役立つ成分です。

 

また、志望の蓄積が予防できるので肥満予防にもなり、ダイエット効果が期待できます。サポニンにはアディポネクチンの分泌を促す作用があります。

 

アディポネクチンには脂肪の燃焼を促進する働きがあり、ダイエット効果が期待できます。

 

このように「やさしい黒豆玄米珈琲」には健康にもよく、美容にもいい成分が豊富に含まれています。ノンカフェインなのでカフェイン摂取を控えたいという方にもオススメです。

まとめ

玄米珈琲にはカフェインは入っておらず、妊娠中や授乳中の方から小さなお子さんでも安心して飲むことができます。また、副作用もないので安心ですよね。

 

 玄米珈琲を探しているという方にオススメなのは「やさしい黒豆玄米珈琲」です。玄米だけでなく黒豆も含まれており、健康にも美容にも良い商品です。気になる方は一度試してみて下さい。

 

>>やさしい黒豆玄米珈琲の公式サイトはこちら

ノンカフェインで安心の「やさしい黒豆玄米珈琲」の公式サイトはこちら